凍結含浸法のメリットとデメリットとは?どんな商品があるの?

宅配業者

凍結含浸法とは?

凍結含浸法とは 食べ物の形をそのままに保ちながら

味付けを上手にできる方法で広島で生まれました

作り方は以下の通りです

凍結含浸法の作り方
  • 最初に野菜のアクを抜くために加熱処理をします
  • 次に食材を凍結させてそれから解凍します
  • 食材が解凍すると組織の中に調味料などの味が染み込む隙間ができます
  • お鍋の中の圧力を減圧してある酵素を加え含浸させます

凍結含浸法のメリット

このように加熱→凍結→解凍→減圧という工程を終えて凍結含浸法が完了します 

要するに味付けをするんです

圧力が下がると調味料が野菜など食材にうまく染み込んで行くわけです

野菜や肉などの食べ物を加熱したり圧力鍋で加圧したりすることで味付けをすると

食材本来の形が食材の原型が損なわれてしまうのですが、凍結含浸法による作り方をすると

食材の元々の形を保ちながら美味しい味付けができます

たけのこやれんこん、にんじんなど硬い食べ物の形を保ちながら酵素を使い柔らかくて
歯茎でつぶせるし、美味しい料理ができるのが凍結含浸法の最大のメリットです 
見た目は普通の食事と変わらないため、食欲増進効果が高いし栄養成分が失われにくい
のも注目すべきところです

凍結含浸法のデメリットとは?

凍結含浸法のデメリットは家庭ではできないことです

家庭でもできる調理器具や減圧装置がないからです

また特殊な酵素溶液も必要なので現在では各個人が

ご家庭で凍結含浸法を実施することはできません

なので食品研究所や工場などの装置がきちんと

完備されている施設がないと凍結含浸法はできないのです

凍結含浸法のメリットはたくさんありますか 

デメリットといえばそれぐらいだと思います 

どんな商品があるの?

現在の段階で凍結含浸法を使った商品といえば 

人参やレンコンなどの固い野菜または食材を 噛む力や

飲み込む力が衰えてきた高齢者に向けてやわらか食として

食事宅配として商品化されているのが一番有名でしょう 

今後ますます高齢者の需要がますます高まっていき

ムース食やんスープ食など新たな種類も増えていくでし

コメント

タイトルとURLをコピーしました