大腸がんの初期症状をチェック

大腸がんの初期症状

大腸がんの初期症状は自覚症状が本当にないのか?

トップへ/はじめに

大腸がんの実態と大腸がんを引き起こす2つの要因


2016年 がん死亡者数予測 大腸がんは女性死亡者数第2位

食生活の変化やストレス社会で大腸がんの発症件数や死亡者数はは毎年激増しています。 2016年新たにがんに罹患する人は前年より28000人増加していて101万200人の見込みです。

そのうち大腸がんの罹患者は男女合わせて147200人でトップです。 また、がんで死亡者予測数は男女合わせて、374000人でそのうち

1位が肺がん77300人、2位が大腸がん51600人
、 3位が胃がん48500人、あとは、4位 膵臓がん33700人 5位 肝臓がん 28100人
と予測されているのです。
手術室
がんの罹患数は 男性の場合、1位 前立腺 92600人、2位 胃、91300人 3位 肺、90600人 4位 大腸84700人の順です。
女性の場合、1位 乳房  90000人、2位 大腸、62500人 3位 肺、43200人 4位 胃42600人の順です。
女性は乳がんの死亡者が1位、そして第2位は大腸がんです。

大腸がんは40代から徐々に増え始めますが、20代や30代でも起こる場合があります。
急に便秘がひどくなるとか、いつも下痢気味、おなかが張る または、身内に大腸がんになった人がいる場合も要注意です。

40代になったら、定期的な大腸がん検診も受けておく方が 手遅れを予防するのにも重要です。
女性は特にお尻の検査は恥ずかしいとか躊躇する方もみえるかもしれませんが、 命は1つしかありません。

女性に多いわけは便秘になる方が女性に多いというのも 一つの理由になると思います。 腸内環境の悪化で大腸がんのリスクも上がるからです。 特に多い箇所は直腸とS字結腸でこれは 横になって下着はおしりがみえる程度おろすだけで済みますから 検診を積極的に受けてくださるようお願いしたいものです。

大腸がんの症状が出る訳は食生活の変化


近年日本人の食生活が欧米化になるにつれていろいろな 病気が増えてきております。
大腸がんもその一つです。
ステーキ
我が国の大腸がんの患者数は年々増加し、平成26年の調査では26万1,000人です。 このうち、男性が15万人、女性が11万1000人です。
また大腸がんの死亡者数は平成26年1年間では約4万8400人の方が亡くなっています。
 このうち、「結腸の悪性新生物」による死亡数は3万3,297人、
また、「直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物」による死亡数は1万5,188人でした。
(厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」より) 年齢は65歳以上が一番多いです。


日本国内では大腸がんの症状と死亡者が多く見られる県は沖縄県で、次に青森県、秋田県、山形県、岩手県と 続いています。これはアルコール消費量が多いのが一番の原因と考えられます。
全体的には食生活の洋風化、穀物食から肉食が進行してきたことが大きな要因であると言えるでしょう。

ストレスは胃腸に重大な異変を引き起こす


正常な胃の画像 現在はストレス社会とまで言われるように
普段何らかのストレスが私たちの周りには
誰にでも大なり小なりのストレスが
あるかと思います。
大腸がんの症状をも引き起こす原因になるので
たかがストレスと甘んじていてはいけません。
ストレスを受け続けていると身体に異変を起こしてしまいます。
普通に食事を摂れば私たちの体内で
正常な胃は蠕動運動しています。
例えば職場での緊張やイライラなどの
ストレスがあると→胃の動きが止まってしまうのです。
胃が止まった画像 そして食べ物や胃液さえ腸に送れなくなってしまいます。
胸やけやむかつきなどが起きて、
これが胃炎や胃潰瘍の原因になるのです。
また、ストレスが増えると
コルチゾールが増えると免疫力低下→感染症やがんになりやすいのです。

女性は男性と比べて食物繊維の摂る量が特に少ないし、運動不足なのが大腸がんに罹る原因とも言われています。
元々大腸がんは50歳を過ぎると徐々に増加して年齢が増すほど発症する傾向なのですが
特に近年、大腸がんの症状を発症する患者さんの低年齢化が進んでいることが医師の口から言われているのです。
このサイトは大腸がんの症状を紹介して
大腸がんの予防や原因、大腸検査、その他情報について関心をお持ちのお方に わかりやすく説明をしています。
自宅で簡単に大腸がん検査するならこちら
正常とストレス画像

<大腸がんの初期症状チェックポイント>


大腸がんの初期症状  
大腸がんの初期症状として以下の チェックリストを作りました。
  1. おならの回数が増加して、刺激臭、腐敗臭が酷い。
  2.  便通状態が良くない。 (下痢気味)
  3.  トイレに入っている時間が長くなった。
  4.  時々下腹部がチクチクと痛む。
  5.  今までになかった違和感がお腹にある。
  6.  疲れやすくなった。
  7.  食欲があまりなくなった。

以上のような、いつもと違う症状が続くのであれば大腸がんの初期段階かもしれないの で一度病院で診察してもらう方が安心です。

おならの回数が増加して、刺激臭、腐敗臭が酷い。


臭いおなら 腸内環境の良し悪しでお腹の調子も変わっっていきます。おならは腸のバロメーターです。 刺激臭がある悪いおならはアンモニアや硫化水素が含まれていて、 たんぱく質が主にウエルシュ菌等の悪玉菌によって分解されるから出るのです。 またおならの回数は食事の時に早食いの方は特に空気を一緒に飲み込んでいるからです。 飲み物では炭酸が入っているものをたくさん飲むとそれでもおならは増えます。 ストレスや消化の悪いものを食べたときなど、胃腸の調子がおかしくなりますよね。

便通状態が良くない。 (下痢気味)


下痢でお腹を壊した時には、腸が活発に動いてますので、腹部を 温めながら安静に休みます。食事は2〜3回ぐらいはおかゆや うどんやスープなどのお腹にやさしいものを口に入れるように した方が良いです。 便に血液やドロッとしたものが含まれている状態が続いたり、 便の色がいつもと比べて赤や黒、緑色など明らかに違う時は 早めの受診が必要かと思われます。 また、脱水症状を予防して、水分補給を忘れないようにしてください。 下痢

トイレに入っている時間が長くて、なかなか出れない。


便が硬いので、出が悪くて、時間がかかるときってありますよね。 でも、便秘が治るわけではありません。 私も朝同じ時間に排便してますが、出勤時間やバスの時間に 間に合わなくなってはいけないので、気をつけたいですね。 会社や学校だとゆっくりトイレに行けなくて、辛抱して 便意があるのに出せないストレスで悩まなければいけなくなります。 それと、長くトイレにいて、力みすぎて切れ痔になる人もいます。 血行が悪くなり、うっ血してイボ痔なることもあります。 快食快便が一番うれしいですがやはり、腸内環境を整えておくことが 大事ですね。 トイレ

時々下腹部がチクチクと痛む。

大腸がんの初期症状として、時々お腹がチクチクするような痛みがしたり、何か変な違和感を感じることがあります。 大腸内部でポリープが炎症を起こしていたり、がん化している時なのでしょう。
よほど注意してないと、気がつかないと思いますが、本人しかわからないいつもと違う感覚でしょう。 この初期の段階で発見することができれば、早期の治療で完全に治すことができます。 下腹部がチクチク 下腹部の違和感は、冷たいものを飲みすぎたり、お腹が冷えたり便秘だったりでよくあります。 ですから「すぐにおさまるからいいや!」と思って無視してしまうのです。 何でもないときにお腹がチクチク痛むなら、いつも起こらない何かが身体が教えている合図ですので、 他の病気場合もありますので一度医療機関で受診しましょう。

すぐに、身体が疲れてしまう


大腸がんの中でも、上行結腸に発症した場合は、腸の奥の方で出血していても 気が付かないです。
しかし、出血が大腸内部で頻繁に起これば
貧血状態になるので、非常に疲れやすくなるのです。 気が付かないうちに進行してしまうのが、怖いのです。

食欲がなくなってきた


お腹の違和感とか下痢が続いたりとかしているのが 普通になってくると、徐々に食べる量も減少していきます。
大腸がんの症状が少しづつ進行していくと排便が普通にできていたのも 詰まってきたりして下痢や下血が生じてくるのでたべたくなくなります。

大腸がんの症状としては血便、下痢や便秘、便柱狭小(便が細くなる状態) などと言われていますが大腸がんの初期の症状は どうなのかとなると実際には自覚できないのです。
大腸がんの症状はある程度癌が進行して初めて出る症状ともいえます。 つまり実際に癌やポリープが腸内にできているから大便との摩擦で出血したり、 または便が細くなったり、下痢を起こすのだと
すると本当の意味での初期症状は自覚できないというのが現実なのでしょう。 ポリープや癌のでき始めにはこれという自覚症状が ないのが一番怖いと思うのです。
現在、 健康診断で異常が見られ再検査やより詳しい精密検査を希望している方や現在の自分の胃腸の調子をもっと精密に調べておきたいお方、 日本全国の医療機関で現在、義務付けられている検査内容よりもより、MRSO人間ドックは健康診断+αでより精密な検査項目が 今人気です。
また、掲載医療施設数、プラン数が豊富なのでお探しの病院・プランが必ず見つかりますし、 遺伝子検査特集など気になる情報も豊富でこの場で予約も簡単でスピーディーに行えます。



一般的には
「大腸がんの自覚症状は初期の場合はない」
と言われているのです。
大腸

大腸がんの症状はがんの出来る部分により症状が違うのです。 大腸の構造から考えて見ますと肛門に近いほど大便は硬いので 直腸やS状結腸に癌があると摩擦により出血したり、大便自体が 細くなり、痛みや残便感があるのが特徴です。また 盲腸、上行結腸、横行結腸にある便はまだ小腸から到達したばかり なのでドロドロの液状になっています。だから大腸がんの症状は見つかりにくいので 自覚症状があって発見されたときには進行がかなり進んでいる 場合が多いのです。


大腸がんを予防するには自分がどういうことに気をつけておけば 良いかというと食生活に注意してストレスをためないこと。そして 大腸のケアを日頃からしておくことです。 すなわち腸内環境をいつも 善玉菌が増殖しやすい状態にしておくことになります。 具体的には善玉菌は納豆菌や乳酸菌などを指し、これらの 増殖を促していくこと。納豆菌は乳酸菌(ビフィズス菌)を 増殖させる効果があります。 また便通をいつも快適に出来るようにしておくことも 大事です。健胃生薬のセンブリ末、ケイヒ末、ウイキョウ末 などは胃粘膜の修復や再生に効果があります。 胃腸で発生するガスが貯まると悪玉菌の増殖が活発に なりますが納豆菌は乳酸菌はガスを貯まりにくくして 腸内環境を改善します。
  1. 食生活に注意しておくこと。
  2.  ストレスをためないこと。。
  3.  大腸のケアを日頃からしておくこと。
  4.  善玉菌が増殖しやすい状態にしておくこと
いつも見ていただきたいのが便相といって大便の姿、形です。 健康なものは太くて22〜25センチですがこれが細かったり ウサギのように丸い豆粒くらいのですとストレスで大腸が疲れている合図です。 また腸内環境はビフィズス菌が10〜15%が理想ですから 乳製品もある程度摂取すると良いですね。 あと腸よう筋というおなかの筋肉を鍛えることも排便を出しやすくするのに 効果があります。 以上の効果を全て発揮する
>>理想的な腸内環境を維持するものがコレ<<



私たちの身体は毎日自分自身の遺伝子(DNA)から数千億の細胞が 作られています。タバコやストレス、自然界の放射線などあらゆる原因が考えられますが、 本来生まれてこない細胞が突然変異を起こし、増殖を抑制する機能が失われてしまい、免疫機能がマヒして 癌細胞ががどんどん増えてしまうのが大腸がんの症状を進行させるのです。 大腸がんの発症は年々若年齢化の傾向にあります。 そのため定期健診は早期に受診する方が一層安心と 言えるでしょう。 タバコを吸う人は吸わない人に 比べて5年早く大腸がんになりやすいと言われています。 治療方法や大腸がんに強い病院ランキングや手術方法などを 調べておくことも大切です。

<私の体験とこのサイトを作った目的>
実はこのサイトの管理人の私も2010年の1月に急にお腹が痛くなり、 病院で診察してもらいましたら、血液検査から白血球が15000 もあって腸の炎症ということでお薬をもらいました。しばらくしてお腹の痛みがなくなりまして 病院に行きましたら血液検査をした結果、白血球も正常値に 戻りましたが、医師が「一応内視鏡検査を受けてください」と言われて 内視鏡検査を受けました。小さいポリープがありましたが、 良性でしたので一安心しました。 消化器内科の医師は 「良性なので大丈夫、このままにしておきますね」ということでした。 そのときに私は何か人が参考にしてくれて 役に立つ情報を提供できるサイトを作ろうと思いこのホームページ を作りました。 今便秘が続いたり血便が出ていて病院に行こうという方々のために 何か良い情報を提供して早期発見のためにお役に立てて もらえたらとこのサイトを作りました。




<大腸がんの症状について>

大腸がんは癌が発症する部位によって呼び方が2つに分けられています。 肛門に近い直腸にできたものを直腸がん、その他は結腸がんというのです。

直腸がんの症状について

  1. 直腸に腫瘍があるとそれで違和感がある。
  2. すぐに大便がすごくしたくなる。それと下痢を伴う。
  3. 下血したとき。大便には含まれない鮮血が出た場合は痔からの出血の場合が多いですが直腸からの出血している場合もあります。
以下続きを見る。

結腸がんの症状について

  1. 結腸がんは進行に伴い激しい痛みがある。
  2. S字結腸に癌ができると大便が細くなり、それと下痢を伴う。
  3. 酷く疲れるようになり、お腹が常に張る。
以下続きを見る。

<大腸がんの症状 〜増える原因について>

近年、特に増加傾向と言われる大腸がんですが、一昔と比べてみると最近は 食生活が欧米化してきているので昔は無かった病気がいろいろありますが

高脂肪、高カロリーが大腸がんの症状を引き起こす

そのなかのひとつに大腸がんがあります。高コレステロールや脂肪分の高いものを多 く食べるようになりましたがそのせいか死亡率も高いのです。対策としては40歳以上になったら 大腸がん検診を忘れずに受診すること。大腸がんの症状の進行させない為、初期段階の あいだに早期発見してポリープの小さいうちに切除することです。

おなか痛い

そうすればほぼ100%完治できるのです。大腸がんの症状の特徴としては直径2cm以上になると 癌になるようですから初期の段階での処置が非常に大切です。2cm以下のポリープの状態であれば 内視鏡を挿入して簡単に切除可能なのです。
大腸がんの原因は 米国癌研究財団の研究発表によると大腸がんの発症原因は
  1. 食事の欧米化ー即ち肉食が進んだこと
  2. アルコールの取りすぎ
  3. 運動不足
と言われているのです。
また体内では 腸内環境により、胆汁酸が大腸がんの発症原因になるのです。
肉食による脂肪分解のための胆汁酸で大腸がんが発症するケース
<

しかし、現在病院に受診してくる方の中には早期大腸がんの割合は2〜3割の方しかいないんです。 この間のニュースでは今中国でも大腸がんを発病する人が著しく増加していて90 年代と比べて特に大都市を中心に30%以上増加しているそうです。でも農村地帯では食生 活が変わらないためか9%くらいしか増えていません。高カロリーなものを多く食べ る反面運動不足がちな現代社会の生活に原因があるということです。私たちの 暮らしを支えてくれる家族のためにも大腸がんの症状は初期症状の時点での対応が決め手になることを 良く知っておくことは早期発見や予防に大切なことになるのです。 また仮に大腸がんといわれてもクヨクヨしないでください。大腸がんの症状を悪化するのはストレスが一番いけないので まずは気楽な気持ちでいるのが大事なのです。

<最新書籍の紹介>
臨床腫瘍プラクティス Vol.11 No.2 2015: 特集:大腸がん治療―最新の話題から
2015/5/11 発売 ただ今予約受付中
<現在研究の進む最新治療>
現在、著者のもとに世界各国から多くの患者が足を運んでいます。
大腸の仕組みから大腸がんになりやすい人、 予防法と内視鏡検査法、そして最新の手術法まで、大腸がんのすべてがわかる一冊です
<がんワクチン療法>
本来がん細胞には正常な細胞とは違う「印」(抗原など)があるようですので それを敵だと判断させてリンパ球に攻撃させる治療方法で癌のみを破壊していく 画期的な方法です。 活性化自己リンパ球移入療法と樹状細胞療法を複合的に まとめることで実行される方法です。
東京大学医科学研究所教授 ヒトゲノム解析センター長 中村祐輔さんの 話によると、具体的にどう処置するかというと 中村祐輔さんの研究グループでは がん細胞のみに反応し、正常細胞には無反応なタンパク質を発見しました。 そのタンパク質の働きは体の免疫力を高めてがん細胞を破壊してくれるので がんで弱っている部分のみに必要な量をペプチドにして注射していくと がん細胞を破壊し、正常に戻してくれます。

>>現在読まれている大腸がんの症状についての書籍<<
うーん

昔の日本のように野菜や玄米や麦などのいわゆる質素な食生活には大腸がんの症状を訴える方はそういないでしょう。 それでは「大腸がんの症状」としてはどのような状態に一番注意が要るかといいますと初期症状の段階で 一日も早く病院に受診することです。個人的にも違いがあるでしょうがどうなるのかということで、 簡単に次のように挙げることが出来ます。実際にこれは私が最初大腸がんの初期の症状でポリープが見つかったときの体験です。 これに気がつかないと知らないうちに大腸がんが進行してしまいますから要注意なのです。


<大腸がんの症状を訴える患者は今後どうなるのか?>

大腸は消化して残ったカスを水分を吸いながら大便に
変える場所です。そしてありとあらゆる細菌が混在して
いるところでもあります。長さが約2mで結腸と直腸
と肛門に分かれています。曲がりの部分のS状結腸と直腸が
大腸がんのできやすい部位です。
大腸
厚生省の発表によれば人口10万人当たり大腸がんの罹患率は 男性70% 女性45%でさらに死亡率は男性33%、女性17%と 予想されています。40代後半から徐々に増加傾向にあり年齢が 増えるにしたがい。死亡率が上昇しています。
これまでは男性では胃がんが発症率1位とされてきましたが 近い将来
大腸がんが1位になるそうです。
女性ではもう現在1位になっています。(結腸がん)
特に40歳以上の中年女性に多く密かに進行する 「サイレントキラー」といわれています。 がんは5年経過して再発がなければまず完治したことに
なります。医療もどんどん進歩しておりますが
それよりも食生活を今から見直すことがとても大切ではないでしょうか。
食物繊維の不足しがちな食生活が当然に になっていますがこのまま20年、30年と 経ったときに今よりもはるかに発症率が増えていくことが 待っているとは思っている人がどれくらいいるので しょうか。いつ誰が発症しても不思議ではありません。 そうならない内に予防のために今一度食生活について 考えてみることは重要なことなのです。また初期症状を 知っておくことも手遅れにならないためにも大切なのです。


>>大腸がんの予防にはこれがおすすめ<<
知らないうちに進行してしまうのでとても怖い病気だと思うのです。でも現在の医学では早期がんはまず100%完治することができます。 だからこそ早めに手を打つことが肝心なようです。年齢としては 特に60代に多く50代→70代という順序になります。 大腸がん 初期症状として考えられるのは下記の通りです。

<大腸がんの症状で特に注意すべきこと>


こんな症状には要注意です
以下の症状が見られたら一度病院にいきましょう。
<大腸ガンに見られる症状>
大腸画像
  1. 腹痛でトイレに行ってもなかなか大便が出てくれない。
  2. お腹が痛くなりトイレに行き10分くらいで治る。
  3. 大便に真っ赤な鮮血がつくようになった。
  4. 大便がこげ茶色(チョコレート色)をしている。
  5. 排便しても、まだお腹に残っている感じがする。
  6. 排便した後、トイレットペーパーに血が付く。
  7. 下腹部がなにか膨れたような感じがする。ガスが出ない。
  8. 最近、大便が細い便ばかり出る。
  9. 近頃いつも腰が重く、お腹の中がスッキリしない。
  10. 食後いつもお腹が鳴る。


<思い切って大腸がんの有無を内視鏡検査で確認しよう>


女医
下血とか血便が出る原因は痔や大腸ポリープのときもあるが大腸がんの初期症状にも確 認されるので間違いやすい。
私の場合もそうでしたが40歳以上になると誰でもポリープができるようになり ます。ポリープの中でも良性とか悪性があるのですが
「大腸がん 初期症状はこうした大腸の中を内視鏡検査で診てもらうのが一番確かな方法」
なんですね。

ただ 大腸内視鏡検査を受けるとなると前日から下剤を飲んだり当日は朝食と昼食が抜きになります ので準備をしておかないといけません。また病院で大腸内視鏡検査を 受けると約1万円かかりましたので費用もかかります。(3割負担で)その他の 大腸がんの検査方法というと便潜血検査といいまして血液が大便に付いていないかどうかを調べる検査ですが 検査方法は化学的方法と免疫学的方法という2種類の方法があるようですが 現在は免疫学的方法が主流なんです。 便潜血検査は今は手軽に郵送で調べてもらえるキットもあるんです。 費用は3000円くらいです。「大腸がんの疑い」があるのかないのかを簡単に 調べることが出来るのでやってみてもいいですね 大腸内視鏡検査を受ける前にまずはこれを使うのもいいでしょう。
便潜血検査薬について見る
その他に腫瘍マーカーという血液検査によってがんを調べる検査があります。 しかし残念ながら腫瘍マーカーでは早期がんの発見でなく、 進行がんにならないと異常にならないので手遅れになりやすくてあまり役にたちません。
スネア
大腸内視鏡検査が一番確実であり、もしポリープが悪性ならばその場でスネアで切除できて 簡単にその場で処置してもらえてお勧めなんです。


本書はがん研有明病院の大腸がん治療に向きあう食事 術前術後の疑問に答えます
       

スペシャルリンク


禁煙効果で健康いきいきマイライフ
大腸内視鏡検査の体験リポート
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防- 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2 ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank