高齢者向け宅配弁当はどんな時に必要?種類や選び方と注文方法は?

高齢者向け宅配弁当とは

高齢者が宅配弁当を利用したくなる時はどんなときなのでしょうか?どんな人が利用すると便利なのかをまとめてみました。宅配食の種類はどれくらいあって選び方や注文方法や受け取り方や支払い方法なども解説します。

かたやん
かたやん

高齢者向け宅配弁当はどういった人がどのような時に利用すると便利で助かるのかご紹介していきます ね。種類や選び方、注文方法や受け摂り方やお金の払い方も紹介します。

まず、この記事では高齢者向け宅配弁当はどんな人がどのような時に利用すると便利でおすすめなのかをご紹介して種類や選び方もわかりやすく説明します。
これから宅配食を利用したいと考えている方向けに様々なケースについて解説していきますのでご参考になれば幸いです。

それでは、高齢者がどんな時に宅配食が必要になるのかを紹介していきます。

高齢者が宅配食が必要になるときとは?

高齢者がどんな時に宅配食が必要になるのかあらゆる状況を紹介しながら解説していきます

普通の食事が硬くて噛みにくい

高齢になると誰でも歯がもろくなるし、噛む力も衰えるようになります。
今までは何でもおいしくよく噛んでパクパク食べていたのにニンジンやタケノコやレンコンなどの硬めの野菜を食べるのが辛くなります。噛む力も低下していくのであごが疲れやすくなります。

また、入れ歯でうまく噛めなくて外れやすくなることもあるでしょう

そんな時にはやわらかいおかゆや豆腐などやわらかいものがおすすめですが、
栄養のバランスを考えるとなるべくお肉や魚、野菜はいろいろ種類を多く食べたほうがいいです.

このように高齢者向け宅配弁当を利用する人は固いものが噛めなくで食事が辛い時に利用することが多いんです 、

そういった時にオススメなのが「やわらか食」なんです

やわらか食とは通常の食事と比べるととてもやわらかく調理されていて歯がなくても入れ歯がなくても、歯茎だけでも十分にかみ砕くことができるのでとても食べやすくできています。

これは「メディカルフードサービス」という宅配業者が販売しているやわらか食ですが硬いはずのごぼうやタケノコなどがこのように驚きのやわらかさに代わっているのです。

やわらか食のやわらかさ

このように硬い野菜がプリンと同じくらいのやわらかさになり、バナナで切れるほどやわらかくなっているなんてビック地ですよね。
これなら、歯茎だけでも簡単に食べることができますね。

作り方もただ長時間煮込んだり、焼いたりするだけではなくて「凍結含侵法」(とうけつがんしんほう)という特殊な製法で作られていますので個人のご家庭では調理できません。

凍結含侵法のメリットやデメリットとは?

食べ物が飲み込みにくくむせたりする

次に考えられるのは高齢になると食べ物がスムーズに飲み込むことができなくてむせたりする方がいるんですがそんな時にも高齢者向け宅配弁当は有効です

飲み込むことができないことを嚥下(えんげ)困難とか嚥下障害と言われますね

高齢者になるとどうして食べ物が飲み込みにくくなるかというと、まず自分の歯が少なくなって食べ物をよく咀嚼(そしゃく)することができなくなるからなんです。

次に言われているのは唾液の分泌量が加齢とともに少なくなってかんだ食べ物をまとめることができなくて飲み込みにくくなるんです

もう一つは喉仏(のどぼとけ)の筋肉が衰えて気管を塞いで食べ物を食道へ送り込むという機能が衰えてくるのです。

誤嚥(ごえん:食べ物や唾液が気道に入ることと言って間違って気管の方に食べ物が入ってしまうとそのばい菌によって肺炎を起こして亡くなる方もあるのです

こういった時もやわらか食やムース食などが有効になります 

また、高齢者が食べ物を飲み込むのができにくくなる理由は以下で紹介しています

高齢者が食べ物を飲み込めない理由は?むせる原因と解決方法

病気で塩分やカロリー、タンパク質など食事制限がある

65歳以上になると生活習慣病が目立ち始めます。

以下の病気が良く言われていますね

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 脳血管疾患、心疾患
  • 腎臓病

高齢者がこのような病気を抱えていることが多いので個人により食事の制限も違います。
高血圧の方は塩分を抑えた塩分制限食だし、糖尿病の方はカロリーを抑えたいし、病気の種類により制限するものが異なるので家庭でそれに対応することはかなり難しくなりますね。

そのような特に制限食を宅配してくれるとご家族もご本人もとても助かりますよね。

・制限食の種類は塩分、カロリー、糖質、タンパク質などがありますので高齢者に一番最適なものを選んでいただければよいのです。詳しいことは宅配業者に専属の管理栄誉士がいるので電話やメールで直接相談した方が安心できます。

一人暮らしで買い物や料理が困難

一人暮らしで働いていると毎日の食事を手作りで料理するのは若い方でもとても大変な事なんです。

一人暮らしの高齢者になると、買い物に行ったり、料理をしたりすることが大変でそれが毎日となるととても困難なことなのです。

一人だとどうしても偏りがちで栄養バランスがとれなかったり、食事を抜いたり簡単に済ませたりしてしまうので、そういう場合に宅配食は管理栄養士がメニューをしっかり考えて栄養バランスがとれた食事がとれるので安心して注文できます

一人暮らしの高齢者には食事宅配が最適!やわらかいメニュー人気の5社を紹介

親の安否確認ができるから宅配食を利用

実家に親が一人で住んでいるという方は正月とかお盆とかしか家に帰れないので親が高齢で一人暮らしをしているという状態だと「毎日元気でいるかなあ?」とか「きちんとご飯を食べているかなあ?」どと都会で働きながら気にしていると思います

そういう場合に毎日栄養バランスのしっかり取れた食事を運んでくれて安否確認もしてくれる宅配業者は頼りになるかと思うのです。

仕事で忙しいと実家の親に電話をすることもついついおろそかになりがちなので、毎日自分の親の顔を見て手渡しでお弁当を届けてくれる配達員さんは親の安否確認もしてくれるので頼りになる存在ですね。

毎日3食のうち1食だけでも配達してくれる宅配業者は以下の宅配業者がおすすめです。

8年連続売り上げナンバーワンっで7億食販売の「ワタミの宅食」

ワタミの宅食は高齢者の住んでいる市町村と協力して配達員が地域指定の連絡先に万一高齢者の異変があるときは伝えてくれるサービスもしてくれますので高齢者と離れて暮らす家族にとっては頼りになると思うのです。


「ワタミの宅食」では、「まごころスタッフ」が商品をご自宅にお届けする特性を生かし、地域・行政と連携し「地域を見守る」取り組みに協力しています。これは、「まごころスタッフ」が、お届けの際に地域・行政との協定に基づき、異変に気がついた場合、市区町村の指定の連絡先に通報するというものです。

※本取り組みを実施していない地域もございます。
※地域福祉の向上に協力するものであり、協力実施に関して当社や「まごころスタッフ」がなんらかの義務や責任を負うものではありません。

高齢者向け宅配弁当の種類と選び方は?

高齢者の状況に適した宅配食はどんな種類があるのかということですが、これまでご紹介した内容を満たす宅配食ということになります。高齢者向け宅配弁当の種類は以下の通りです。

高齢者向け宅配弁当の種類
  • 普通食
  • やわらか食
  • 制限食
  • 高級食
  • 低価格食

普通食の種類と宅配業者

普通食の宅配弁当は一番取り扱う業者も種類も多いです。

毎日日替わりで配達してもらうのと5食以上を冷凍でまとめて配達してもらう方法がありますから自分のライフスタイルに合うものを選ぶと良いでしょう

もちろん、家の近所のコンビニやスーパーで自分の気に入ったお弁当を買うのもありですが、毎日買いに行くことを考えると宅配弁当の方が楽だと思います。

  1. ワタミの宅食
  2. ナッシュ
  3. タイヘイ
  4. ヨシケイ
  5. ニチレイフーズ
  6. 食宅便
  7. 食のそよ風
  8. 宅配クック123
  9. まごころケア食
  10. 生協の宅配 コープデリ

など

やわらか食の種類と宅配業者

やわらか食は高齢者が普通の食事が固めで食べにくいとか飲み込みにくいという悩みがあって食事が楽しくないとか、辛いという問題を解決するために大勢の高齢者に利用されています。

作り方もただ、長時間煮込むとか焼くだけでがなくて特殊な製法(凍結含侵法)で作られているのでよりやわらかいムース食があります。各宅配業者を見るとやわらか食は以下の2つです。

やわらか食(食材の形や風味や持ち味を残している)

ムース食(食材を咀嚼できなくても簡単に食事できる)

の2つになるかと思うのです。

宅配業者の中にはやわらかさだけではなくて塩分やカロリー、などにも配慮されているものが販売されています。
おもな宅配業者を上げると以下のような会社があげられます。


  1. やわらかダイニング
  2. メディカルフードサービス
  3. ニチレイフーズダイレクト
  4. タイヘイ
  5. つるかめキッチン
  6. ワタミの宅食ダイレクト
  7. 食宅便
  8. 食のそよ風
  9. 配食のふれ愛

制限食の種類と宅配業者

高齢者には様々な身体疾患が現れてきますので食事制限も病気の種類により塩分、カロリー、糖質など
制限されるものにより、以下のような種類があります。

制限食の種類
  • 塩分制限食・・・高血圧
  • カロリー制限食・・・糖尿病
  • 糖質制限食・・・糖尿病
  • 脂質制限食・・・脂質異常症
  • たんぱく制限食・・・腎臓病
  • カリウム制限食・・・腎臓病

塩分制限食

1食あたりの塩分が2グラム相当で作られていて高血圧症の方に塩分制限をして血圧の上昇を抑えて適正な数字になるようにコントロールするためには有効な食事です。

カロリー制限食

1食あたりのカロリーが300kcalくらいで作られているので糖尿病やダイエットをしている人にはカロリーの摂りすぎを抑えたい方にはお勧めです。

糖質制限食

糖質制限食を利用するのも糖尿病の方の血糖値のコントロールに役立ちますが、極端な糖質制限は高齢者の筋肉量を現象させてしまう煮で注意が必要です。

脂質制限食

脂質制限食はコレステロールや中性脂肪などの資質を控えるべき方に有効で脂質異常症の方に適しています。動物性脂肪を控えて野菜を多めの食事がおすすめですが脂質制限食は脂質が10g以下に調整されています

たんぱく制限食

たんぱく制限食は腎臓病方に適した制限食でカリウムも抑えられています。

制限食を取り扱っている宅配業者は以下のようなところです

  1. メディミール
  2. ニチレイフーズ)
  3. ウェルネスダイニング
  4. Dr.つるかめキッチン
  5. メディカルフードサービス
  6. Nosh(ナッシュ)
  7. タイヘイ
  8. おまかせ健康三彩

高齢者向け宅配弁当ランキング!やわらか食や制限食などタイプ別に1位の理由を紹介

高級食(名店の味)の種類

普段は家庭では食べられない有名店の味を楽しめる宅配食や食材の仕入れから国産品のみしか使わず合成着色料や保存料は一切使用しない、社長自らおかずを食べて厳しくチェックするという食に関して最高の品質にこだわる宅配サービスは以下の宅配業者です。

一流シェフが調理する予約できない名店の高級料理が自宅で短時間で出来上がるのでおいしいものを食べたい方にお勧めです。

  • わんまいる
  • ぐるなびプレミアム
  • 日本ばし大増の折詰・料理配送
  • ぶたいち
  • 筋肉食堂DELI

なかなか普段は新型コロナの感染対策で外食の利用が少なくなっているのでこういう時だからこそ利用されてみてはいかがでしょうか?

低価格食

低価格食は普段の「食費を抑えたい」というお方におすすめの宅配業者となります。

ヨシケイ夕食ネットのシンプルミールが一番安いです

初回半額キャンペーンを使えば3食で525円になり、1食あたり175円でっ購入できるので最安価格で購入できます

高齢者向け宅配弁当の注文方法や受け取りと支払い方法

高齢者向け宅配弁当はインターネット、電話、FAXで注文できます。
宅配業者のホームページから申し込みフォームから名前や住所、電話番号を入力してから、品名や数量を記入していく流れになりますが事前に確認しておくことがあるし、注意点を紹介します

宅配食の注文前の確認事項
  • 自宅が配達エリアに
  • 注文の締め切りと配達日
  • 何食から注文できるか?
  • 空き容器の回収や取り扱い
  • キャンセルの締め切り


以上のことは宅配業者により異なりますので確認しておくと安心です

一人暮らしの場合は1食からの注文ができるのかということや外出時に配達に来たらどうなるのかや、
キャンセルしたいけどいつまでにすればいいのか?とか急に必要になった時に当日の注文はできるのかなど知っておいた方がいいことは確認しておく方が安心です。

あとは注文の流れを簡単に説明すると

注文方法と受け取り方法

あとは注文の流れを簡単に説明すると、

自宅が配達エリアになっているのが確認出来たら宅配業者のホームページから注文の申し込みを記入しますがお弁当の種類を見て商品を決めておきます。

注文書に名前や住所、連絡先を書いて品名と数を確認して配達日を指定して送信します。
確認メールや電話で配達日時の確認します。

あとは指定した日時に配達されるのを楽しみに待ちます。

支払い方法

料金の支払い方法は欠く宅配業者により違うかと思うますが一番簡単なのはクレジットカードでの支払いです。

その墓、銀行振り込みや代金引換え、郵便局やコンビニ決済が基本的に選べるはずです

高齢者向け宅配弁当の注文や受け取り、支払い方法については簡単に紹介しましたが取り詳しくはこちらから解説していますのでご覧ください。

高齢者向け宅配弁当の注文と受け取り方法は?支払い方法や注意点も徹底解説


コメント

タイトルとURLをコピーしました