高齢者向け宅配弁当はどんな人がどういった時に利用する?

かたやん
かたやん

高齢者向け宅配弁当はどういった人がどのような時に利用すると便利で助かるのかご紹介していきます 

まず、この記事では高齢者向け宅配弁当はどんな人がどのような時に利用すると便利でおすすめなのかこれから宅配食を利用したいと考えている方向けに様々なケースについて解説していきます

普通の食事が硬くて噛みにくい

高齢になると誰でも歯がもろくなるし、噛む力も衰えるようになります。
今までは何でもおいしくよく噛んでパクパク食べていたのにニンジンやタケノコやレンコンなどの野菜を噛む力も低下していくのであごが疲れやすくなります。

また、入れ歯でうまく噛めなくて外れやすくなることもあるでしょう

そんな時にはやわらかいおかゆや豆腐などやわらかいものがおすすめです。
でも栄養のバランスを考えるとなるべく野菜はいろいろ種類を多く食べたほうがいいです.

このように高齢者向け宅配弁当を利用する人は固いものが噛めなくで食事が辛い時に利用することが多いんです 、

そういった時にオススメなのがやわらか食なんです

やわらか食の詳細についてはこちら

食べ物が飲み込みにくくむせたりする

次に考えられるのは高齢になると食べ物がスムーズに飲み込むことができなくてむせたりする方がいるんですがそんな時にも高齢者向け宅配弁当は有効です

病飲み込むことができないことを嚥下(えんげ)困難とか嚥下障害と言われますね

高齢者になるとどうして食べ物が飲み込みにくくなるかというとまず自分の歯が少なくなって食べ物をよく咀嚼することができなくなるからなんです。

次に言われているのは唾液の分泌量が加齢とともに少なくなってかんだ食べ物をまとめることができなくて飲み込みにくくなるんです

もう一つは喉仏の筋肉が衰えて気管を塞いで食べ物を食道へ送り込むという機能ができにくくなるのです。

だから5円と言って間違って気管の方に食べ物が入ってしまうとその代金によって肺炎を起こして亡くなる方もあるのです

こういった時もやわらか食やムース食スープ食などが有効になります 

塩分やカロリー、タンパク質など制限がある

65歳以上になると生活習慣病が目立ち始めます。

以下の病気が良く言われていますね

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 脳血管疾患、心疾患
  • 腎臓病

高齢者がこのような病気を抱えていることが多いので個人により食事の制限も違います。
高血圧の方は塩分を抑えた塩分制限食だし、糖尿病の方はカロリーを抑えたいし

コメント

タイトルとURLをコピーしました